私、ここで出会いました

私はココで出会いました!アンケート調査結果を素直受けて行動してみたら

私はココで出会いました!婚活・恋活からライトな出会いまで!アンケート調査結果の数字が表す現代の意外な出会い場?

 

「彼氏欲しい」「彼女欲しい」!又は「友達や仲間欲しい」、中には気軽な遊び相手などライトな出会いが欲しいなど色んな人がいるかと思います。

 

実際に私はも出会いが無い時期は、街中などで楽しそうにデ-トしている彼氏・彼女がいる人たちはいったい何処でであっているの?

 

もしかしたら私の知らない素敵な出会いの場があったりするの?という疑問と出会えない少しの焦燥感がありました。

 

そんな時、有名な某雑誌とかテレビなどを見ていて、自分がイメージしている出会いの場という物と、現実に多くの人が出会った出会いの場との大きな違い(乖離)を目の当たりにして少なからず衝撃を受けました。

 

現在の出会いの場は、自分のイメージとは結構違った

 

「出会いがないな」と普段感じている人は、私と同じような感じ方やイメージをもったタイプの人が多のかもしれません。

 

あなたは、現在の出会いの場、つまり彼氏、彼女がいる人たちがどこで出会っているのか知っていますか?

 

私がイメージしたのとはかなり違う現在の出会いの場があるのです。

 

自分のイメージとは結構違うので、少し軽いショックを受けました。

 

一万人アンケート調査でわかった現在の出会いの場は、そこそこ以外なものに

 

アラサーの私のイメージでは、学生時代ならクラスメートや先輩や後輩など学校を中心に出会いがあるというの分かるのですが、女子校(又は男子校)できたれ、その出会いもなく、また卒業して社会人になると職場にもよりますが、多くの人が毎日職場と家の往復だけで出会いなんてどこにあるの?と感じている人も多いのではないでしょうか?

 

歳も年なので最近は出会いがないことが気になり、そういう話題や情報があると食いついていました。

 

そんな中で、出会いいついての1万人アンケート調査なるものをめにて、意外な出会いの現状をしりました。

 

1万人アンケート調査の結果は現状の出会いの場はインターネットでの出会いが多いという事実

 

某有名な雑誌で、20代から50代までのパートナー(彼氏・彼女・夫・妻)のいる男女1万人に、パ-トナーと出会った場についてアンケート調査というものを見る機会がありました。

 

その調査によると、それぞれ出会った場については次のような回答結果となりました。

 

1位:職場 24%
2位:インターネット 22%
3位:学校 12%
4位:友人の紹介 11%
5位:アルバイト先 8%
6位:合コン 5%
その他 18%

 

アンケート調査の仕方がパートナーとの出会いの場という形式なので、婚活・恋活など真面目な出会いの場についての回答となるので、職場や学校、友人の紹介というのは、納得というか予想どうりでしたが、とても以外に感じたのは2位のインターネット 22%でした。

 

また、調査結果によると年齢に関係なく、インターネットによる出会いというは年々大幅に増加しているという事です。

 

そして、出会いの場 について日頃から興味のある私は、この手の情報にアンテナたっているのでその後テレビやインターネットなどでも出会いの場についての調査みたいな情報があるとチェックしていました。

 

それによるとインターネットを介して出会ったという人の比率が多いというのが他の調査結果でも共通しているのでした。

 

それで、自分はどうやったら出会えるのか?少し考えてみた。

 

自分のイメージと違う現在の出会いの場のアンケート調査結果などを見て少し衝撃を受けた私ですが、そこで自分について少し考えてみました。

 

アラサーなので、そろそろ真剣に出会いを求めたい・・・・

 

でも、学生ではないし、友達の紹介というのも経験はあるが今は期待できない・・・

 

職場は出会いを期待できるような環境ではとてもないし、職場ってこじれたら辛そう・・・

 

そんなことを考えていると、ある瞬間に、「私のような環境の人はかなりいて、インターネットでの出会いって自分のイメージよりずっとありなのかも?」とスッと腑に落ちたのでした。

 

そして、割と消極的だけど、年齢を考えて少し勇気を出して行動する事にしてみた。

 

インターネットでの恋活(婚活)ってどうするの?

 

インターネットでの出会いと言ってもいくつかあるようで、例えばSNSや街コンなどの婚活(恋活)パーティー系、他にも昔で言うところの結婚相談所のような、ガチガチの実質お見合いのようなサービスなど本当に多種多様な様々なサービスがありました。

 

インターネットでの出会い場といってもいくもあるのですが、更に自分の抱くイメージと違っていたのが、いわゆる出会い系といわれるサービスをを利用してパートナーと出会った人が以外なほど多いという事です。

 

それで、私の場合で考えてみました。

 

SNSとか街コンとか出会いパーティー系は、いきなりお相手と直接 接するのでタイプかどうかはなどの情報はわかりやすいけど、直接なので結構な対応するのに結構なプレッシャーがかかるので私にはキツイ・・・

 

結婚相談所的サービスは相手のプロフィールや条件は信頼性高めだけど、いきなりお見合い的な感じは 今はままだだ好みでないし、やっぱりお見合い的な物より出来たら恋愛からはいりたいし、あと料金が高い。

 

アンケート結果が示すイメージと違う現在の出会いの場だった出会いサイト

 

結構慎重でわりと受け身&消極的な私の性格と出会いにかけられるコスト(金銭)的な事からも出会いサイト(出会いアプリ)を始める事にした。

 

出会い系と聞くとかなりダークなイメージがり、友達によっては古い的な事を言われるけれど、かなり以前 ニュースで未成年が事件に巻き込まれたような
事を聞いたこともあり、以前なら出会いサイトやアプリを始めるという考えはなかったです。

 

ただ、ずっと購読している有名な雑誌が実施した大規模なアンケート調査の結果がインターネットでの出会いが2番目に多いという事実、しかも出会いの場1位の職場とそれほど変わらない比率だという事が出会い系サイト(アプリ)に参加するキッカケになりました。

 

現在の出会いの場NO2の出会い系サイト(アプリ)の選び方

 

現在の出会いの場や出会いのキッカケの多くが出会いサイトという事実から出会い系を始める事にしたが、慎重な私は出会い系なる未知の世界についていろいろ調べる事に・・・

 

出会い系サイト(アプリ)と言ってもいろいろあるようで、まず最初に出会い系と言っても「出会える出会い系」と「出会えない系の出会い系」があるらしく当然出会える系の出会い系を色々調べて選ぶ事に・・・・

 

と言っても、出会い系サイトには他にもジャンル分けがあって、真剣&真面目な出会いを求める為の恋活・婚活向けの出会い系サイトと不倫とかセフレとかギラギラして遊び目的な出会いが多い出会い系があるようで、当然真面目な出会いを求める出会いサイトを選ぶ事に・・・

 

自分で見てみるとわかると思いますが、真面目な出会い向けの出会いサイトは、キチンと選べば 思っていたより全然まともで、イメージより安心して登録できます。

 

実際に私が登録した恋活・婚活系出会いサイト

 

それで、長々と書きましたが 私が実際に出会えた(現在継続中)出会いサイトを紹介します。

 

それと、いくつか利用して最終的に今のパートナーとの出会いではないですが、利用していて良い出会いが期待できる、出会いの場として優良だと思える出会いの場を期待できる出会い系サイト(アプリ)をいくつか紹介します。

 

自分のタイプや好みなど考えて合うと思える出会い系サイト(アプリ)をチョイスして登録するもよし、本気で早く出会いのキッカケを望むのなら全部登録してもいいくらいで、正しく恋活・婚活すればかなりの確率でいいお相手との出会いのチャンスがあるかと思います。

 

今現在付き合っているパートナーとの出会いの場となった私はココで出会いました!サイトは自分の予想とも違うこの出会いサイトはでした!

私はココで出会いました!ハッピーメール

 

私はココで出会いました!NO1はハッピーメール(18禁)です。

 

ハッピーメールは、Omiai 【-オミアイ-】やパートナーズのような恋活・婚活サイトを最前面に押し出しているような出会い系サイトではなく、慎重な私からすると、1万人アンケート調査の結果などを知るまでは敬遠する出会いの場でした。

 

でしたが、自分で意外でしたが、今お付き合いしている素敵なパートナーとの出会いの場となったのは、ガチガチの恋活・婚活系でないハッピーメールでした。

 

これは、一つは完全に恋活・婚活系の出会いサイトというのは婚活色が強く、それはいいのですが そいういカラーの出会いを最初からガチガチにというのは敬遠したい人も多く、よくもわるくも気軽に登録できるという意味で会員数が多いから、絶対的会員数が多いと 当然素敵な人も一定数いるという事があると思います。

 

ただ、婚活・恋活専科的なイメージが少ない分、正直 あまり出会いたいと思いえない層もいるのは確かなので、それなに相手を慎重に選ぶ選択眼というか、出会いを求める活動のなかで工夫していい人を引き寄せるような振る舞い(プロフィール作成や連絡の取り方など)がある程度必要かと思います。

 

ただ、ハッピーメールとかPCMAXとかワクワクメールとか、婚活・恋活専用のイメージのない出会いサイトにも素敵な人はいるし、Omiai 【-オミアイ-】やパートナーズのような恋活・婚活サイトでも要注意人物はいるので、漠然としたイメージだけでどの出会いサイトがいいか判断するのあまり私の経験上懸命じゃないと思います。

 

また、出会い系サイトといっても長年に運営されているような出会い系サイトでは、公的機関に届出でがされていたり、未成年は利用できないようになっていて、キチンと年齢認証があるので私の持っていたイメージからすると遥かにキチンとした運営がなされているようです。

 

私の勝手に持っていたイメージより、有名な雑誌が堂々と公開している大規模なアンケート調査の結果の方が正しいんだと今はおもえます。

page top